医療法人慈和会 佐々木内科医院
香川県高松市扇町1-24-5
087-851-6688
JR高松駅から南西方向に徒歩13分

診療時間

【診療科】

内科生活習慣病、高血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症、痛風・睡眠時無呼吸症候群、CPAP、禁煙外来
循環器内科虚血性心疾患の診断・治療(狭心症、心筋梗塞)、心不全の診断、治療、不整脈の診断・治療、心臓リハビリテーション外来、栄養指導
消化器内科逆流性食道炎・食道がん、胃潰瘍・胃がん、肝炎・肝臓がん、胆石・胆のう炎・ポリープなど、膵炎・膵のう胞・すい臓がんなど、大腸炎・大腸がん・大腸ポリープ、過敏性腸症候群の治療
小児科内科全般、皮膚疾患、アレルギー
各種検査・予防接種、予防接種

当院の特徴

代表的な循環器疾患である心筋梗塞と脳卒中は、血管の故障が原因であり、高血圧、糖尿病、脂質異常症、喫煙、心房細動、睡眠時無呼吸症候群などの危険因子をコントロールすることで十分に予防可能です。

当院では、発症と再発予防に重点を置きながら、循環器専門医として狭心症や不整脈、心不全などの診断・治療・管理から、総合内科専門医として風邪などの日常生活で遭遇する一般的な病気まで、診療所ならではの対話を重視した、きめ細かい質の高い医療を提供していきます。

高松駅から近い立地を生かし、より専門的な診療が必要と判断される場合は、近隣の最適な病院の専門医へ速やかに紹介して連携して治療に携わります。

院長あいさつ

こんばんは。院長の佐々木雅英と申します。

高松市扇町のこの地で、小児科医の父から医院を継承して約40年が経ちました。

小さいお子様からご高齢の方まで、幅広いご病気の治療や健康維持のため、地域医療に尽力してまいりました。どのようなことでもお気軽にご相談ください。

佐々木内科医院院長佐々木雅英
院長 佐々木 雅英

院長略歴

昭和44年 岡山大学第二内科入局。

坂出市立病院、KKR高松病院、 丸亀労災病院(現・香川労災病院)などで勤務

昭和55年 佐々木内科医院 開業

所属学会・資格

  • 医学博士(岡山大学)
  • ​日本医師会認定産業医
  • 高松市立紫雲中学校 学校医
  • 香川県立斯道学園 学校医

副院長あいさつ

こんばんは。この度は当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。副院長の佐々木 英之と申します。

2020年4月より佐々木内科医院で勤務を開始しました。


これまでに国内有数の循環器施設である国立循環器病センターや大阪大学、全米NO.1ホスピタルである米国ジョンズ・ホプキンス大学で、特に心不全や虚血性心疾患の最先端の臨床と研究に従事してまいりました。これらの経験を生かして、新しい知見に基づいた個々の患者さんにとって最善の治療を提供できるように努めてまいりました。

急性期から慢性期、本当に幅広い循環器疾患を診ながら、再発予防、生命予後や生活の質の改善を目的として、生活習慣の指導および運動療法を多職種で行ってきました。そこで気づいたことは、病院内で一生懸命に指導をしても、心臓病で再増悪する患者さんが後を絶たず、十分かつ長期的な予防ができないという現実でした。

そのため、患者さんの生活に近い場所に自分の身をおいて医療を行う必要性を感じ、生まれ育ったここ高松の地で、皆様の『かかりつけ医』として、健康管理をサポートすることを決心しました。

また、代表的な循環器疾患は、心筋梗塞と脳卒中ですが、つい先ほどまで元気だった方があっという間に命を奪われることもあり、予防の大切さを痛感してまいりました。これらは、血管の故障が原因であり、高血圧、糖尿病、脂質異常症、喫煙、心房細動、睡眠時無呼吸症候群などの危険因子をコントロールすることで十分に予防可能です。

当院では、発症と再発予防に重点を置きながら、循環器専門医として狭心症や不整脈、心不全などの診断・治療・管理から、総合内科専門医として風邪などの日常生活で遭遇する一般的な病気まで、診療所ならではの対話を重視した、きめ細かい質の高い医療を提供していきます。

高松駅から近い立地を生かし、より専門的な診療が必要と判断される場合は、近隣の最適な病院の専門医へ速やかに紹介して連携して治療に携わります。どうぞ安心してお気軽に来院ください。

佐々木内科医院副院長佐々木英之
副院長 佐々木 英之

副院長略歴

  • 平成11年 日本大学医学部卒
  • 平成11年 国立病院東京医療センター
  • 平成15年 国立循環器病研究センター
  • 平成21年 大阪大学医学系大学院博士課程修了
  • 平成22年 米国ジョンズ・ホプキンス大学 循環器内科学留学(4年間)
  • 平成26年 阪和記念病院 心臓血管センター副部長
  • 平成31年 KKR高松病院 循環器内科 医長
  • ​令和 2年  佐々木内科医院 副院長

所属学会・資格

  • 医学博士(大阪大学)
  • 日本内科学会 総合内科専門医・指導医
  • 日本循環器学会 専門医
  • 日本心血管インターベンション治療学会 認定医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本抗加齢医学会専門医
  • 心臓リハビリテーション指導士
  • 心臓機能障害指定医
  • ​難病指定医(循環器科)

業績

  • 2012年  American Heart Association Postdoctoral Fellowship grant                                                                      (2012年7月~2014年6月)
  • 2010年  日本心臓財団・バイエル薬品 第23回海外留学助成 
  • 2008年 『31st Annual Meeting of the Japanese Working Group “Cardiac Structure     and Metabolism”』Young Investigator Award Finalist

海外学術雑誌に発表した論文

1.    Hiroshi Asanuma, Shoji Sanada, Toru Yoshitomi, Hideyuki Sasaki, Hiroyuki Takahama, Madoka Ihara, Hiroko Takahama, Yoshiro Shinozaki, Hidezo Mori, Masanori Asakura, Atsushi Nakano, Masaru Sugimachi, Yoshihiro Asano, Tetsuo Minamino, Seiji Takashima, Yukio Nagasaki, Masafumi Kitakaze「Novel Synthesized Radical-Containing Nanoparticles Limit Infarct Size Following Ischemia and Reperfusion in Canine Hearts」『Cardiovasc Drugs Ther.』, 31(5-6):501-510, 2017. 

2.   Motomasa Tanaka, Koko Ishizuka, Yoko Nekooki-Machida, Ryo Endo, Noriko Takashima, Hideyuki Sasaki, Yusuke Komi, Amy Gathercole, Elaine Huston, Kazuhiro Ishii, Kelvin Kai-Wan Hui, Masaru Kurosawa, Sun-Hong Kim, Nobuyuki Nukina, Eiki Takimoto, Miles D. Houslay, and Akira Sawa「Aggregation of scaffolding protein DISC1 dysregulates phosphodiesterase 4 in Huntington’s disease」,『Journal of Clinical Investigation.』, 127(4):1438-1450, 2017.

3.   Hideyuki Sasaki, Takahiro Nagayama, Robert M. Blanton, Kinya Seo, Manling Zhang, Guangshuo Zhu, Dong I. Lee, Djahida Bedja, Steven Hsu, Osamu Tsukamoto, Seiji Takashima, Masafumi Kitakaze, Michael E. Mendelsohn, Richard H. Karas,David A. Kass and Eiki Takimoto 「Estrogen dependence of PDE5 inhibitor efficacy in female heart disease」, 『Jounal of Clinical Investigation.』, 124:2464–2471, 2014.

4.   Akemi Yoshida, Hiroshi Asanuma, Hideyuki Sasaki, Shoji Sanada, Satoru Yamazaki, Yoshihiro Asano, Yoshiro Shinozaki, Hidezo Mori, Akito Shimouchi, Motoaki Sano, Masanori Asakura, Tetsuo Minamino, Seiji Takashima, Masaru Sugimachi, Naoki Mochizuki, Masafumi Kitakaze「H2 Mediates Cardioprotection Via Involvements of KATP Channels and Permeability Transition Pores of Mitochondria in Dogs」,『Cardiovasc Drugs Ther.』, 26:217-226, 2012. 

5.   Hiroyuki Takahama, Hiroshi Asanuma, Shoji Sanada, Masashi Fujita, Hideyuki Sasaki, Asakura M, Seiji Takashima, Tetsuo Minamino, Kazuo Komamura, Masaru Sugimachi , Masafumi Kitakaze.「A histamine H₂ receptor blocker ameliorates development of heart failure in dogs independently of β-adrenergic receptor blockade」, 『Basic Res Cardiol.』, 105:787-794, 2010.

6.    Hideyuki Sasaki, Hiroshi Asanuma, Masashi Fujita, Hiroyuki Takahama, Masanori Asakura, Tetsuo Minamino, Seiji Takashima, Masaru Sugimachi, Naoki Mochizuki and Masafumi Kitakaze 「Metformin Prevents Progression of Heart Failure in Dogs: Role of AMP-Activated Protein Kinase」,『Circulation』, 119:2568-2577, 2009.

7.    Hiroyuki Takahama, Tetsuo Minamino, Hiroshi Asanuma, Masashi Fujita, Hideyuki Sasaki, Masanori Asakura, Seiji Takashima, Masaru Sugimachi, Naoki Mochizuki and Masafumi Kitakaze「Prolonged targeting of ischemic/reperfused myocardium by liposomal adenosine augments cardioprotection in rats」, 『J Am Coll Cardiol.』53:709-717, 2009.  

8.    Mitsutoshi Asai, Osamu Tsukamoto, Tetsuo Minamino, Hiroshi Asanuma, Masashi Fujita, Hiroyuki Takahama, Hideyuki Sasaki, Seiji Takashima, Masatsugu Hori and Masafumi Kitakaze「PKA rapidly enhances proteasome assembly and activity in in vivo canine hearts」『J Mol Cell Cardiol.』46:452-462, 2009.

9.     Masashi Fujita, Hiroshi Asanuma, Hiroyuki Takahama, Hideyuki Sasaki, Seiji Takashima, Osamu Tsukamoto, Tetsuo Minamino, Hitonobu Tomoike, Masatsugu Hori, and Masafumi Kitakaze「Prlonged transient acidosis during early reperfusion contributes to the cardioprotective effects of postconditioning」, 『Am J Physiol Heart Circ Physiol』292: H2004-H2008, 2007.

10. Kazuki Fukuchi, Hideyuki Sasaki, Takahiro Yokoya, Teruo Noguchi, Yoichi Goto, Kouhei Hayashida, Yoshio Ishida.「Ga-67 citrate and F-18 FDG uptake in spironolactone-induced gynecomastia.」,『Clin Nucl Med.』30:105-106, 2005.